子供の身長と親の身長の関係性とは?

子供の身長と親の身長。
皆が考えるのではないでしょうか。
「ウチの親は身長低いから(私も)」。
逆も然りですね。

 

 

つまり、身長は努力ではなく、遺伝で決まっているもの。
「身長」とは、これが前提となっているカテゴリではないでしょうか。
そして、本当にそうなのでしょうか。

 

 

結論からお伝えすると、半分は遺伝子。
半分は習慣だと確信しています。

 

 

これはもう、現代においては化学的に証明されてきているので、否定しようがありません。
論より証拠ではありませんが、両親の身長からおおよその自分の最終身長を計算する式まであります。
以下の式で子供の予想身長が算出されます。
あくまで目安でしょうが。

 

 

男の子=(父の身長+母の身長+13)/2+2
女の子=(父の身長+母の身長-13)/2+2

 

 

私の両親の身長から計算した所、171cmという予想身長が算出されました。
しかし、実際は7cmオーバーの178cmです。

 

 

まあ、あくまで予測でしょうから、ぴったりではないにしても、説明がつきません。
つまり、100%ではない以上、半分正解で半分間違いなのでしょう。

 

 

遺伝だけなわけがないんです。
いくつもそう思える要素があります。

 

  • 同じ両親から生まれた兄弟でも実際身長はバラバラ
  • 生活習慣(食事、運動量、睡眠時間)が違う
  • 親の教育方針が違う(親の知識量)

 

であるならば、正しい生活習慣(食事、運動量、睡眠時間)をマスターし、実践した方が結果を最大化出来るわけですよね。
身長は体重のように大人になってからダイエットして解決するというわけにはいきませんよね。

 

 

成長期の伸び率が重要な身長においては、後の財産ともなります。
以下の記事なども参考にしてみて下さい。

 

「子供の身長はどうすれば伸びるのか?」

 

親の知識が子供の未来を左右しますから、責任重大ですよね^^