子供の身長はどうすれば伸びるのか?

子供の成長として気になるのが「身長」ですよね。
成長期にしか伸びないという事もあり、親の責任も重大です。

 

 

しかし、闇雲に栄養だ!運動だ!と言っても間違ってはいませんが、効率的ではないですよね。
どうすれば身長が伸びるかをしっかり理解し、必要なサポートをしてあげる事が親に出来る事。

 

今回は「どうすれば身長が伸びるのか」のついて述べていきたいと思います。

 

 

身長を伸ばすための三大要素を理解しよう!

 

身長を伸ばす三大要素をご存知でしょうか。

 

  1. 栄養
  2. 運動
  3. 睡眠

 

どれも、どこか理解しているような内容ばかりですよね。
でも、ラベルだけ理解していも行動は伴ってくれません。
もう少し具体的に見ていきましょう。

 

 

栄養において気をつける点とは?

 

身長を伸ばすための栄養素として、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、たんぱく質が重要と言われています。

 

では、何に気をつければよいのでしょうか。
重要な点が2点あります。

 

  • 食事はバランスが最も大事という事
  • 日本の子供はカルシウムが不足していると言われている

 

栄養素は単一ではその栄養を吸収しきれないというのはドベネックの桶の理論でも有名ですので、深い説明は不要かと思います。
ただ、カルシウムが不足していると言われてもピンと来ないですよね。

 

 

カルシウムはとっても吸収しにくいんですね。

 

 

ですから、カルシウムが何由来なのかという事が重要です。
また、マグネシウムと同時に摂取する事でその吸収率をあげる事が出来ると言われています。
こういった事から、カルシウムはサプリやプロテインで吸収するのが効率がいいんです。
だから子供は「牛乳を飲みなさい!」、「魚を食べなさい!」と言われるんですね^^

 

 

気になる方は以下の記事も参考にしてみて下さい。
「新常識!?子供の身長はプロテインで伸ばす?」

 

 

運動において気をつける点とは?

以前「子供の身長を伸ばすプロテイン、その効果とは?」でも少し触れたのですが、身長が伸びるという事は骨が伸びる事とも言い換えれます。
さらには骨の中でも「骨端線」という骨の継ぎ目が重要だとお伝えしました。この「骨端線」には程よい刺激を与える必要があります。

 

家で座ってゲームばかりしていては、運動量が落ち肥満体質に傾いていくだけではなく、身長の伸び率にも影響を及ぼすんですね。

 

また、運動が成長ホルモンの分泌を促し、 食欲が増し、良質な睡眠をサポートしてくれます。そうなんです、運動ってめちゃくちゃ重要なんです。
だから子供は「外で遊びなさい!」って言われるんですね^^

 

 

睡眠において気をつける点とは?

そもそも、理想的な睡眠時間って何時間くらいなんでしょうか。

 

ちなみに、日本の子供の平均睡眠時間は7時間程度なんだそうです。
これに対し、理想とされている子供の睡眠時間は8-9時間と言われています。

 

この時点で認識と実態にギャップがあるんです。
だから昔から子供は「早く寝なさい」って言われるんですね^^

 

 

成長ホルモンの分泌を考慮したゴールデンタイムを制する事も重要です。
理想は21:00~6:00の早寝早起きです。
遅くとも22:00には就寝。7:00に起床を心がけたいですね。

 

 

最後に補足すると、これらを習慣化し規則正しい生活習慣にしていく事が最も重要です。
家族皆で健康になれたら、それだけでもハッピーですよね^^